• 行政書士越智秀幸

終活の広がりを願う

先日、終活ガイド検定を受講し、核家族化、単身世帯の増加につれて、自分の死後を誰にどう託すかという終活の重要性を学んだのは、先のブログにもUPしたところですが、先日の28日に検定の講師であり、広島でライフ・オーガナイザーとして活躍されている方と私の事務所で話をする機会をいただきました。

その方は公民館で終活のセミナーを開催されるなど精力的に活動しておられますが、私も行政書士としてその活動にお役に立ちたいとお伝えしました。

まずは、終活の一つである遺言の作成のアドバイスなどから初めて行く形を考えています。私の関わり方についてはこれから決めていく予定ですが、具体的にその予定が決まればブログにもUPいたしますので、ご興味のある方はセミナー等への参加をご検討ください。

                               越智秀幸

最新記事

すべて表示

忙しい季節を迎えました

早いものでもう3月の中旬を迎えました。私は市役所勤めが長かったので、年度末のあわただしさが身にしみこんでおり、この時期が来ると家にいてもなんとなく落ち着かない感じがします。 市役所もこの時期に集中する事務の混雑による市民の方への負担を少しでも軽減できるよう毎年努力を重ねていますが、一つの事務に何時間もかかってしまうことは珍しくありません。行政書士は、市役所の事務手続きをお忙しい皆様に代わって申請す

離檀料について

墓じまいを希望される方が昨今多くなっています。この墓じまいは墓じまいをされる方が勝手に手続きできるものではありません。まず、現在のお墓がある市町村に届け出て改葬許可書を取得しなければ、新しい墓所にお墓を移転することができません。 この届出の際にトラブルを生むのが離檀料と呼ばれるものです。現在のお墓がご自分の所有であったり、その管理者が行政である場合は比較的スムーズに進むのですが、お寺さんなど宗教法

墓じまい、改葬許可

先日、協力関係にさせていただいたいる墓園の方から墓じまい、改葬許可の受任の調整の連絡がありました。遠距離の故郷にある墓地にお参りするのが年々困難になり、現在のご自宅の近隣の墓園にご先祖様のお墓を移転させる墓じまいのご希望が年々増加しているように思われます。 ただ、この場合、新しい墓地を求めたからと言ってすぐにお墓が移転できるわけではありません。故郷のお墓のある市町村に改葬許可書を申請し、交付を受け